東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

全国広域避難者支援ミーティング(1月13日)開催のお知らせ

開催概要

震災10年という節目が近づきつつあるが、東日本大震災・福島第一原発事故の避難者の存在は徐々に見えづらくなっている。しかし、避難生活は継続しており、「相談する先がない」「頼る先がどこもない」という避難者のあきらめはなんとしても避けなければならない。

これからの避難者支援を考える上では、全体をつかむことと同時に、様々な視点から避難者のことを理解し、ひとりひとりと丁寧に関わることがなにより重要である。そこで、各地の避難者支援に関わる人たちとともに、各地の避難者の声や心情を学び、多様な観点からの避難者支援のことを学び、お互いに話し合い、「避難者ひとりひとりのことを考える」機会とする。

開催日時・場所

2021年1月13日(水)13:30-16:30
zoomオンライン開催

プログラム

1. 開会(13:30-13:40)10分
開会・オリエンテーション
2. 基調報告「避難者の気持ちや心情を知る」(13:40-14:10)30分
話題提供:311当事者ネットワーク HIRAETH(ヒラエス)
被災者、被害者、避難者の方々一人ひとりの声を拾い、その一つひとつの経験を「知見」として検証を行いながら発信する全国キャラバンやワークショップを通じて見えてきたこと。いち当事者として、実際に取り組んできて感じていること。
3. リレートーク「避難者・避難者支援、10年目の現状」(14:20-16:00)100分
  1. 避難者からの相談対応について 菊池邦⼦氏(愛知県被災者支援センター/CSW)
  2. 避難者を継続的に取材する中で見えてきたこと 吉田千亜氏(フリーライター)
  3. 避難者に寄り添ってきた身近な関わり 関根仁美氏(鷺宮都営住宅自治会)
  4. 原発避難者の訴訟等について 福田健治氏(SAFLAN)
  5. 広域避難者実態調査の結果 斉藤容子氏(関西学院大学災害復興制度研究所主任研究員)
4. クロストーク(16:00-16:30)
進行:栗田暢之(東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)代表世話人)
リレートーク話題提供者との意見交換

告知チラシ

連動企画:Voice from 3.11〜私たちの思いと願い〜

vf311_logo.png

全国広域避難者支援ミーティングは、「Voice from 3.11〜私たちの思いと願い〜」の「みんなの集い」と連動した企画になります。

「みんなの集い」とは、社会的節目となる震災10年を機に、「ことばの集い」で集まった一人ひとりの復興に向けた取り組みの中で、被災された方や避難を余儀なくされた方、その人々を支える支援者、私たちが経験して気がついたことや大切にしてきた「それぞれの言葉」の中からテーマをひろい、各テーマごとの分科会をもうけ、東日本大震災に関わる人、関心を寄せる人みんなで、共に考え、震災での教訓・気づきを、次の世代につなげようとする企画です。

他にも「ことばの集い」「つながりの集い」を実施しています。ぜひ、WEBページをご覧ください!

https://voicefrom311.net/

参加方法

申込フォームからお申込みください。
(※複数名で申し込まれる場合は、お手数ですが、お一人ずつお申込みください)

お問合せ

東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)事務局
Tel. 03-3277-3636
メール: kouiki@jpn-civil.net

2020年12月28日 21:01