東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

JCN復興サロン2019「第1回 3.11ユースダイアログ」を開催します

img_311dialogue.png

東日本大震災から8年。今だから、話せること。
震災当時、高校生・小学生は、どんな体験をして、
震災からこれまでどのようなことを感じながら
日々を暮らしてきたのか。

私たちはその話から何を学び、学んだことを
どう活かしていけばいいのか。

ぜひ、同世代のワカモノに聴いて、感じてほしい。

■内容:
東日本大震災の発災当時、高校生と小学生だったお二人に
東日本大震災の経験をお話しいただきます。

ゲストスピーカー

●松崎理沙(まつざき りさ)さん
1992年生まれ。
震災の年の3月1日に福島県立双葉高校卒業後、
4月から東京女子医科大学看護学校に入学。
卒業後は同大学病院に勤務する。現在は他の病院に勤務している。

●成沢新奈(なりさわ にいな)さん
1999年生まれ。
宮城県石巻市釜小学校の6年生のときに東日本大震災を経験しました。
高校卒業までは宮城県石巻市で過ごし、現在は岐阜女子大学に在籍。
震災から早8年。毎日楽しく過ごしています。

ダイアローグのトピック

  • 被災体験と当時感じていたこと
  • 東日本大震災は自分の中で、どのようなできごとなのか
  • 学生や同世代、参加者へのメッセージ

開催概要

開催日時 2019年7月16日(火)19時〜20時30分
開催場所 飯田橋セントラルプラザ12階
東京都新宿区神楽河岸(かぐらがし)1-1
最寄駅:JR総武線・地下鉄「飯田橋駅」
参加費 無料
定員 50名(先着順)※どなたでも参加できます。
主催 東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
共催 東京ボランティア・市民活動センター/東京災害ボランティアネットワーク
助成 復興庁コーディネート事業

チラシのダウンロード【PDF: 約172KB】

お申込み

2019年6月18日 23:11