東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

ブログ

3.11の今がわかる会議 in 大阪(10月11日)開催のお知らせ

開催概要

2011年3月11日に発生した東日本大震災から8年が経過しますが、復興は道半ばにあり、コミュニティ形成や見守り、過疎化・人口減少を踏まえた復興まちづくり、震災で傷ついた子どもの支援、避難指示解除後の生活再建など共通課題から各県の個別課題がいまなお残っています。

また、2018年6月18日に発生した「被災者が見えにくい」と言われている大阪北部地震の今や課題ついても知り、考える機会としたいと思います。

これらの課題を考えることは、これから日本が抱える社会課題を考えることにもつながり、また、各地で発生している次災害への教訓や知見を生み出す機会でもあると考えています。岩手県、宮城県、福島県ならびに開催地である大阪府からもゲストを迎えて多くの方と考える機会にしたいと考えています。

名称・テーマ

3.11の今がわかる会議 in 大阪「東日本大震災と大阪北部地震の今を知り、関わりを考える」

開催日時・場所

2019年10月11日(金)13:30-18:00(13:00受付開始)
会場:近畿労働金庫(大阪市西区江戸堀1-12-1)地図

参加費 無料
主催 東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
共催 おおさか災害支援ネットワーク
協力 近畿労働金庫
後援 社会福祉法人 大阪ボランティア協会(予定)
助成 復興庁コーディネート事業

対象

東日本大震災の復興支援に興味・関心のある団体・企業・個人(100名)

プログラム内容と登壇者

13:00 受付開始
13:30 オープニング:開会挨拶と趣旨説明
13:45 1部:話題提供とパネルディスカッション「孤立・孤独をいかにして地域で見守るか」

●岩手県
東梅麻奈美 氏
NPO法人ワーカーズコープ大槌地域福祉事業所 所長

●宮城県
新井信幸 氏
NPO法人 つながりデザインセンター・あすと長町 副代表理事

●福島県
吉田恵美子 氏
NPO法人 ザ・ピープル 理事長

●大阪府
永井美佳 氏
社会福祉法人 大阪ボランティア協会 常務理事・事務局長

●コーディネーター
東日本大震災支援全国ネットワーク
代表世話人 栗田暢之

15:25 2部:トークセッション

●3.11の経験を次世代へ繋ぐ 〜岩手からの恩送り~
岩手県:岡本翔馬 氏(認定NPO法人 桜ライン311 代表理事)
大阪府:調整中
【コーディネーター】東日本大震災支援全国ネットワーク 岩手担当

●津波がこどもに与えた影響とこどもを軸とした地域づくり
宮城県:田中雅子 氏(NPO法人こども∞(むげん)感ぱにー 代表理事)
大阪府:調整中
【コーディネーター】東日本大震災支援全国ネットワーク 宮城担当

●避難指示解除区域の現状と課題
福島県:山田 司 氏(NPO法人 福島県スポーツマネジメント協会 代表)
大阪府:古部真由美 氏(まるっと西日本 代表世話人)
【コーディネーター】東日本大震災支援全国ネットワーク 福島担当

17:45 クロージング:総括と閉会挨拶

参加方法

申込フォームからお申込みください。
(※複数名で申し込まれる場合は、お手数ですが、お一人ずつお申込みください)

お問合せ

東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)事務局
Tel. 03-3277-3636
メール: office@jpn-civil.net

2019年9月18日 10:16

台風15号にともなう「3.11の今がわかる会議in東京」のお知らせ

3.11の今がわかる会議in東京に参加予定のみなさま

こんにちは。JCN事務局の杉村です。

台風15号が今晩から関東に上陸する予報がでされておりますが、明日(9/9)の「3.11の今がわかる会議in東京」は予定どおり開催いたします。

ただし、登壇者が東北からお越しいただくこともあり、交通機関の状況によっては、プログラムの内容を変更して進める場合もございます。予めご了承ください。

みなさまにおかれましても、台風に備えはくれぐれもお気をつけください。

2019年9月 8日 14:26

それぞれの想いを大切に

JCN広域避難者支援担当の金子です。

今年度JCNでは、3.11ユースダイアログと題して、震災当時学生だった若者たちを招き、震災当時からの状況や想いを伝える機会を作っています。震災からの時間経過とともに風化が云われていますが、その会の中で「未だに自分の気持ちが整理できていない」という声がでました。こういった声は、今まで聞けなかった貴重な声でした。

ここにきてやっと、様々な団体から若い人たちの声を聞いて伝えるような動きが出てきたように感じます。

2019817〜818_190901_0107.jpg

私がJCNとは別に関わる「おせっぺとみおか」という事業でも、5年間の活動の中、学生たちとコミュニケーションし続けることで、やっと彼らの本音が聞けるようになってきました。「おせっぺとみおか」の学生たちは、聞き書きという手法で、同じ富岡町の年長者の人生や想いを書き残してきました。そのやりとりを通じて、少しずつ自分の気持ちを整理してきているのだと思います。

先日もこれまでの活動の振り返りとこれからを考えるワークショップを行いましたが、その中で、今度は同じように悩む仲間や家族をサポートするために、自分にも力になれることがあるんじゃないかという学生たちの想いを聞くことができました。

活動を行う中で、やっと語れるようになった若い人たち一人ひとりの想いを、これからも大切にしていきたいと感じた瞬間でした。

2019817〜818_190901_0065.jpg

2019年9月 1日 18:12