東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)

現地会議

3.11の今がわかる会議 2021 テーマ1:1回目

東日本大震災は、2020年3月11日で10年を迎え、今年度で11年目を迎えます。10年という社会的な節目であった昨年度はメディア等でも東日本大震災のことが多く取り上げられる機会がありましたが、11年目以降はコロナウイルスの影響もあり、東日本大震災のことを知る機会や語られる機会が徐々に減っていくのではないかと懸念しています。

現状として、被災した沿岸部では災害公営住宅への移行や新しくまちが整備される一方で、災害公営住宅の入居率や入居者の高齢化の課題、人口流出などによる新しいまちの賑わいをどう創出するかの課題、コロナウイルスによるコミュニティの分断の課題など、これからの10年を考えたとき多くの解決すべき課題が想定されます。また、特に福島県においては、原発事故を起因とする県内での暮らしの課題、今なお、多くの方が県外避難を与儀なくされ、大変な思いをしながら生活をされている現状など、多くの課題が残されています。

こうした現状を踏まえて、当団体では、「孤立防止と地域のコミュニティ形成」と「10年経過した今、福島県の暮らしの現状と課題」という2つの主要テーマを据えて、「3.11の今がわかる会議」を開催し、登壇者のみなさまと全国のみなさまとともに議論いたしました。

開催概要

タイトル 3.11の今がわかる会議 2021 テーマ1:1回目
テーマ 10年経過した今、福島の現状と課題とは
日時 2021年11月13日(土)13:00-16:30
会場 ・ オンライン
・ 登壇者は双葉町産業交流センターより配信(双葉郡双葉町大字中野字高田1番地1)
主催 東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)
助成 復興庁コーディネート事業
後援 特定非営利活動法人いわて連携復興センター
一般社団法人みやぎ連携復興センター
一般社団法人ふくしま連携復興センター
一般社団法みちのく復興・地域デザインセンター
参加者数 60名

内容・登壇者

開会

◎主催者挨拶:栗田暢之(東日本大震災支援全国ネットワーク 代表世話人)
◎来賓挨拶:中山 理 氏(復興庁 参事官)

基調講演

テーマ:10年経過した今、福島の暮らしの現状と課題とは
講演:藍原 寛子 氏(Japan Perspective News代表/ジャーナリスト)

事例報告(福島のそれぞれの暮らしの現状と課題)

◎福島市:三浦恵美里 氏(NPO法人 ビーンズふくしま ふくしま母子サポートネット事業長)
◎いわき市:篠原洋貴 氏(災害支援ネットワークIwaki 副会長)
◎浪江町:清水裕香里 氏(NPO法人 JIN 代表)
◎愛媛(県外避難):澤上幸子 氏(NPO法人 えひめ311 事務局長)

バズセッション

参加者同士の意見交換

閉会

閉会挨拶:山崎美貴子(東日本大震災支援全国ネットワーク 代表世話人)